企業情報

ご挨拶

大幸薬品株式会社 代表取締役社長 柴田 高

大幸薬品は、私の祖父、柴田音治郎が1940年に創業した柴田製薬所にその歴史は始まります。戦後間もない1946年に、中島佐一薬房が1902年より製造販売する「忠勇征露丸」の製造販売権を継承したのを機に、皆さまの健康を支え、大きな幸せをもたらす企業でありたいという願いを込めて「大幸薬品株式会社」と社名を定めました。

以来、私どもは、胃腸薬『正露丸』を中心とした医薬品の製造販売を展開し、併せて薬効研究に力を尽くしてきました。また、1954年より輸出事業を手がけ、国内のみならず世界のお客様の健康を願う企業としてまい進してきました。

昨今、医療費の増大が問題となる中、「自分自身の健康に責任を持ち、軽度の身体の不調は自分で手当てする」という考えの「セルフメディケーション」の推進は、国家規模の取り組み課題です。また、世界各地で発生する感染症の脅威から暮らしを守るための感染予防と衛生管理への関心と需要は、わが国のみならず世界的に急速に高まっています。

そのような状況の下、創設60年の節目である2006年に本格的な取組みを開始した感染管理事業は、二酸化塩素分子の除菌・消臭能力に着目し、「空間除菌」という衛生管理の新たなる概念を生み、新市場を開拓しました。この事業の成長の源は、二酸化塩素分子についての研究を重ね、研究成果を基にした製品を開発し提供することでお客様との間に築きあげる「信頼」であると確信しています。

私どもは、時代の変化を敏感にとらえ、迅速な意思決定を行い、皆さまへ大きな幸せを提供する企業として、たゆまぬ努力を続けています。社員一同、法令遵守の精神で業務に当たり、ステークホルダーの皆さまから変わらぬ信頼を受け続けるべく切磋琢磨してまいります。

大幸薬品株式会社
代表取締役社長 柴田 高

正露丸・セイロガン糖衣Aについて

二酸化塩素分子について

製品情報

ラッパ整腸薬BF

学術情報

企業情報

IR情報

おなかの悩み相談室

これからの衛生管理

よくあるご質問

資料室